学生の声

在校生と卒業生に聞きました!

岡波看護専門学校での生活は?看護師を目指そうと思ったきっかけ、これから看護師を目指している人へのメッセージなど、実際に通っている・通っていた学生の皆さんにインタビュー!卒業後のお仕事についても聞いてみました!

在校生の声

綺麗で安く借りることのできる寮がある
ので、家が遠くても入学できます!

Kさん

インタビュー

現場のリアルな話を聞くことができて、
臨場感あふれる講義を楽しんでいます

Fさん

インタビュー

卒業生からのメッセージ

Tさん

内視鏡技師免許を修得しました。看護師になりたての頃は日々の業務を覚えるのに精一杯ですが、自分に余裕がでてきたら目標を定めてスキルアップに挑戦するのも仕事をする上でやりがいにつながります。
岡波総合病院はスキルアップするためのバックアップをしてくれるので安心して資格習得などに臨むことができます。
どうしても女性のイメージが強い看護師ですが、徐々に男性看護師も増え始め働きやすくなっています。男性にしかできない看護や、男性の目線だからこそ気づけることなどもあると思います。楽な職業ではありませんが僕はナースマンであることに誇りを持っています。

Sさん

2012年に脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の資格を取得し、現在脳卒中の患者さまを中心に看護を行っています。脳卒中は突然発症し、命を救われても手足が動かなくなったり(片麻痺)や、食べる事への障害(嚥下障害)が出たりするなど、程度の差はあるものの様々な障害を伴う疾患です。学生実習の受け入れの時は、疾患理解のサポートと患者さまの持てる力を最大限に発揮し、看護のやりがいと喜びを感じてもらえる様な指導を大切にしています。

Aさん
岡波看護専門学校を選んだ理由は何ですか?
オープンキャンパスに参加した際に、学校の雰囲気がとてもよかったからです。学生と先生の距離感が近く、また、学年の壁を越えての交流もあり、よりよく看護を学ぶことができると感じたからです。
学校生活で最も記憶に残っている思い出は何ですか?
基礎看護学実習Ⅱ−②です。
この実習で、患者さんとの関りの大切さと、看護の楽しさを知り、学ぶことができました。
学校で学んだことは、実際の仕事でどう生かされていると思いますか?実践で役に立つと思う授業や実習などを教えてください。
学生時代に受け持ちさせていただいた患者さんは一人ひとり、思いや価値観の違いを感じました。多くの実習の中で患者さんの立場に立って、相手の思いや価値観を考えられるようになったと思います。
実習の中で、指導者の看護師とともに、点滴の準備や処置を行ったことが、実践で役に立っています。
また、講義は岡波病院の医師や看護師にしていただくことが多く、現場に出てからも講義の内容を抜き打ちで質問されることも…。そのため、学校を卒業しても”毎日勉強”という姿勢で働くことができています。
看護の楽しさは、どんな時に感じますか?
病気によってできなくなってしまったことが、看護やリハビリテーションを受けることで、できるようになっていく姿を見るときや、元気になって退院されていく姿を見るときに感じます。
目指している看護師像は?目標とする人はいますか?将来の目標を教えてください。
一人ひとりの患者さんに合わせた関わりや、看護が実践できる看護師を目指しています。将来は、認定看護師として、専門的な知識を持って患者さんと関わっていくことが目標です。
最後に、学生への暖かいメッセージをお願いします!
様々な患者さんと関わっていく中で、新しく学ぶことや知ることがたくさんあります。その中で、楽しい看護を見つけていってください。そして看護師として一緒に働いて、一緒に学んでいけることを楽しみにしています。
Kさん

職場で働いてからコミュニケーション方法や患者さんの捉え方など、様々な場面で看護学校で教わったことが活かされています。3年間勉強と実習で大変でしたが先生や周りの人たちに支えられ看護師になることができました。楽しいこと辛いこともありますが、周りの仲間と支え合いながら自分の夢に向かって諦めず努力することが大切だと思います。

資料・願書・学校見学など
お気軽にお問合せください

メールお問合せ

お電話でのお問合せ

TEL.
0595-21-3138